≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

魔女っ子サンデー

sandae_logo_2.jpg

世を忍び受け継がれてきた力「魔法」。
いつの頃からか魔法使い達「魔道士」と呼ばれる者は
別次元に存在する絶対空間「アーカイヴ」(魔法公文書館)へ足を運び
魔法を学びその力を厳かに裏歴史で利用し受け継いできた。

呪文を唱えることにより発動するその力はアーカイヴに保存されている
魔法書物「魔法公文書」に記された詠唱方法によって形成される。
それらはあらゆる種類、ジャンル、ニーズに別れ、未だにその数は増え続けている。

呪文が書かれた魔法公文書はアーカイヴから現世へ持ち出すことを堅く禁じられ、
魔道士達の公文書取り扱いはアーカイヴの「監査」により厳しく監視されている。
またいかなる場合においても魔法公文書は魔法使い以外の人間に決して渡ってはならない。
アーカイヴの監査とは別に、現世にいる魔法使いの行動を監視する監査もいる。

■マナ
魔道士、魔導師、全ての生物万物言葉に潜在する魔力の源。
人格、センス、才能、資質、魅力等あらゆるものに通じる根源であり、
悪意と善意に区別なく力が作用する。
上級魔導師は下級魔道士のマナ(個別の名前のような言葉)に呼びかけ支配できる力を持つ。

「魔導師」は主に魔法をマスターした者、
「魔道士」は主に修行中の者を意味する。
両者を総称し「魔法使い」と呼ぶ。

■魔法ジャンル
・黒魔法(属性魔法(バースト)、精霊魔法、等)
・白魔法(治癒魔法(ブレス)、生体強化魔法、等)
・暗黒魔法(腐食、吸収、還元、等)
・空間魔法(亜空間移動、重力、等)

全魔道士が共通で使用できる魔法
・下級魔法(コモンマジック):解除(デスペル)、開錠、七罪魔法、等
・召喚魔法(サモンマジック):召喚獣各種召喚、送還、等

■下級魔法(コモンマジック)
ごく簡単な知識と微量の魔力で詠唱、発動可能な魔法。
一般人でも正確な呪文を唱えられ、ある程度のマナと集中力さえあれば簡単に発動できる。

■色欲魔法(ラストコモン)
人間の欲をコントロールできる七罪魔法という下級魔法の一種。
性的な感情や身体部分を操作できる。
このジャンル自体が細分化されておりあらゆる性的なニーズに対応できる。
生体を対象とした魔法であるため、白魔法に似た詠唱文法を持つ。

■召喚魔法(サモンマジック)
魔法使いであれば誰でも詠唱、発動可能な魔法。
召喚されるものは人、神、獣、怪物、様々であり詠唱する本人の魔力や想像に強く影響されるため、
にわか仕込みだととんでもない容姿のものが召喚されてしまう。
完全に修得するには相当な知識と魔力、マナが必要。

■スプリッター
自身が持つ魔力を分割し複数のジャンルを修得している魔法使いの総称。
あくまで分割であるため、ジャンルに対しての魔力は軽減される。
分割の比率は自由に調整ができ、上級魔導師であれば効率良い魔力の維持が可能となる。

■エンハンサー
自身や他人の放つ魔法の威力を増幅させたり広範囲に威力を散布させる能力を持つ魔道士。
電気系の力を得意とする魔道士に多く備わり、人の目には見えない電磁波や音波までも自在に操る。

■ダークメイズ
暗黒魔法を修得している者に対して使われる“異端”の呼び名。
暗黒魔法は他のジャンルとは違い他人の魔力を吸収し生き、魔法修得も全て吸収から覚える。
また生体や物質を腐食させ無に返す力も持ち土へと還元するため万物輪廻の一部とも見られる。
一般的な魔法使いを“メイズ”と呼ぶ者もいるが多用はされていない。

■メイズガントレッド
一般的に魔法使いが腕に装備するグローブ。
魔道士の習慣で魔力を用いて自身のガントレッドを拵え、魔法詠唱、発動時のサポートに使用する。
人それぞれでウォーマーやミトン、レース手袋等もある。

■エン〜
主に超級魔導師や才能に秀でた者に対して用いられる総称。
エンバースター、エンブレサー、エンスプリッター等。

■詠唱方法
魔法は基本的に魔法公文書に記された正確な呪文を唱えることにより発動する。
詠唱文法は魔力によって唱える者の言語を選ばないため誰でも読める。
早口であっても噛まなければ成立し、中には無詠唱で魔法を発動できる者もいる。
呪文を噛むと発動せず、集中力の鍛錬が重要となる。

・単数詠唱(本人が詠唱し発動する一般的な詠唱方法)
・複数詠唱(何人かが同時に詠唱することにより威力を強化させる詠唱方法)
・問答詠唱(一般的に二人で説き合い集中力を高め強力な魔法を発動する特殊詠唱)

■公文書写本技術
主にアーカイブの監査人が公文書の管理のため使用する複写技術。
ある程度の勉強をすれば魔法使いの誰でも身に付けられる。
完全な詠唱文法をマスターした者がそれを記すものは魔法公文書の原本となる。

※治癒魔法(ブレス)の公文書は他のそれと違い非常に情報量が多く本自体が大きいため、
その研究、修得をする者はこの写本技術を使って効率的に勉強する傾向がある。

■アーカイブ監査
階層ごとにいる監査人はほとんどが上級魔導師。
それらは皆、現世の過去もしくは未来どちらにもあたらない“悠久世界”の住人。
悠久世界は魔法が一般的であり、その世界の住人達が何らかの理由でこのアーカイブを作った。
悠久世界の歴史や戦記に関する書物もアーカイブにいくつか保存されている。
現世に魔法使いが存在する理由やルーツは不明。

※記述された名称等は全て架空の設定です

設定・用語集 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。